カタログギフトを上手に活用

結婚式の引き出物や内祝いなどでカタログギフトを受け取った経験のある方は多いと思います。
では、カタログギフトのメリットとは何でしょう?
ここでは贈る側と贈られる側に分けて考えてみたいと思います。

まず贈る側としては、相手の家族構成や性別・年齢などを考える必要がありません。
また、贈る相手のひとりひとりの好みをあらかじめ調べたりする必要がなく、カタログに記載された商品の中からその人に合ったものを選んでいただくことができます。
また、披露宴の引き出物では、いただいたお祝いによって引き出物を変えたりしますが、カタログギフトだとカタログの中身までは見えませんので、値段の違いがわからないといったメリットもあります。

では贈られる側はどうでしょうか?
まず、披露宴などの帰りに重くてかさ張る荷物を家まで持ち帰る必要が無いのは助かります。
また、贈ってもらった気持ちは嬉しいのですが、すでに家にある物と重なってしまったり、好みに合わない場合も困りますね。
カタログギフトだと自分の好みに合わせて選べますので、そういった心配はありません。
このように贈る側にも贈られる側にもメリットの多いカタログギフトですが、ではどのようにして選べば良いのでしょうか。
カタログギフトを選ぶ際には、まず、予算やコースに応じたカタログを選びましょう。
次に、カタログの中をよく見て、贈られる方に合ったような品物が掲載してされているかを確認することが大切です。
例えば、小さな子供さんのいらっしゃる家庭に贈るならば、子供向けの物が掲載されていると喜ばれるでしょう。ご老人の方なら、和菓子や健康食品などが掲載されたカタログが喜ばれるかも知れません。
贈る相手が好みそうな物をよく考えて選ぶといって点では、普通に商品を選んで贈る場合と同じであると言えます。

次に、カタログギフトを贈る際の注意点にはどのようなことがあるのでしょう。
それは、通常の贈り物と同じことになります。
お祝いや香典返し、新築祝いなどにはそれぞれに適した時期といったものがあります。
それを外さないように気をつけることです。
また、価格も大切です。低額すぎるのはふさわしくありませんが、逆に高価すぎても気を使わせてしまいます。
また、カタログギフトを取り扱っている会社にも様々な会社があります。
取扱商品の多さ、価格、サービス、クチコミなどをじっくりと検討して、信頼のできる会社を選ぶことが大切なのは言うまでもありません。
ギフトを贈るのは人生の大切な節目であることが多く、贈る相手はこれからもお世話になる方達です。
カタログギフトを上手に活用することは心に残る贈り物をするための大変良い手段であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*