カタログギフトの選び方

カタログギフトは贈る側の手軽さと、頂いた側の選ぶ楽しみがある人気のプレゼントです。
たくさんの人に一度に何か贈らなければならないときや、友人のお子様の入園・入学祝いに何を贈っていいかわからないときに、カタログギフトは大変便利なものです。
しかしカタログギフトの中でもどんなコース設定をしたら良いか、また贈られた側もどんなギフトを選べば満足できる商品を選ぶことができるのか、悩んでいる人は多いと思いますので、ここでご紹介していきたいと思います。

まず贈る側の悩みとして、カタログギフトのコース選びですが、一定の値段の中でギフトの種類(フード・雑貨など)で設定します。
おおよそ1,000円~20,000円の間で1,000円刻みに値段設定がされています。
端数が出ている値段はそれぞれシステム手数料や消費税でどうしても端数が出てしまうからです。
試しに1,000円のカタログを読んでみますと、生活雑貨からちょっとしたお菓子など日常生活で必要なものが並んでいる感じです。
3,000円程度の設定になるとアパレル雑貨や食器・調理器具、美容商品、日帰り旅行商品などがあります。
1,000円コースよりは少し癒しや生活の潤いを目的にした商品が並んでいます。
ブランドも多く、そういったものが好きな人にはとても喜ばれる最適なコースです。
値段も低めで、いちばん贈りやすいコースではないでしょうか。

5,000円程度のクラスになると3,000円コースからワンランク上の商品が並んでいます。
商品の種類は変わっていませんが、ブランドものの上質な商品が多いです。
結婚や出産などの人生の節目にあたるような慶事に最適のコースです。

贈る側がいちばん気を遣うのは、相手側に値段を悟られないことです。
相手方に見合わない値段で設定すると、とても失礼な贈り物になってしまいます。
贈る相手の家族構成や生活スタイルを重視してカタログを選ぶと間違いないようです。
逆に低めの値段設定は決して悪いわけではなく相手に気を遣わせたくない場合に最適です。
ご近所の挨拶回りや結婚式の二次会にちょっとした気持ちを伝えるのに便利です。
贈られた側が悩むのは、何を選んだら満足できる商品がもらえるのかです。
カタログギフトは幅広い商品が並んでおり、何にしようか悩むものです。
同じ金額で設定されているとは言っても、実際ページに並んでいる商品の値段にはばらつきがあります。
写真の配分や文章量を調整して、カタログを作っている会社に利益が出るようにしているのです。
そのため当然、値段設定より安い商品も高い商品もあります。

誰だって出来れば長く使えて、上質なものを選びたいもの。
好きな物をもらえるギフトとは言っても失敗したくはないものです。
上質で高い商品を選ぶにはどうすればいいかという問題ですが、なるべく広告スペースが狭い商品を選びましょう。
大々的に大きな写真と丁寧な文章で書かれている商品はたくさん売りたい商品です。
小さなスペースで写真と商品名と少しの説明文しかない商品はなるべく注文数を抑えたい高価な商品なのです。

またそのブランドを見て値段がわかる商品を選ぶのも手です。
値段がわからないものは自分の生活範囲には無いものですから、失敗をしてしまう危険性があるのと同時に自分が普段使わないものなのかもしれません。
無理に高そうなブランドものを買うよりは自分が普段よく使うブランドを選んだ方が実生活に潤いが生まれます。
まずは自分の欲しいものを選ぶことが大切です。
それでも選べなかったら、上質なものを小さい写真の中から選びましょう。
質が良いものであれば、身に付けたり家に置くだけで、周囲のあなたの評価が上がるでしょう。
今は使わないものでも、そのうちに年相応のものが必要になったりして使いたくなるかもしれません。
カタログギフトで贈る側も贈られた側も気持ちの良い選び方をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*