保存水の必要性と注意点について

水は日々の生活に不可欠なものです。飲用の他にも清掃や入浴、トイレの排水などに水は使用されます。そのため、自然災害などで水道が止まった場合は非常に不便な状況に陥ることなります。避難所などでは人数分の水が用意できないこともあるので、不測の事態に備えて各自で保存水を確保しておくことが大切です。
保存水を入手する際に最も重要なのが使用目的を明確にすることです。生活に用いる水は大きく分けて飲用水と雑水の二種類があります。飲用水は特に衛生面に気を配る必要があるので、清潔な状態の水や市販されているミネラルウォーターを用いるのが一般的です。長期保存が可能なミネラルウォーターであれば衛生面での問題は無いので安全に保管できます。雑水は主にトイレの排水や汚れを除去するために使用するので、風呂の残り湯などを再利用するのが普通です。日頃から浴槽に水を残しておく習慣を身につけることで、急な水道停止にも対応できます。近年では雑居ビルなどで飲用水と雑水の両方を備蓄するタンクを設置するケースが増えています。
水の保管での注意点は外部からの刺激を避けることです。水は熱や光などに反応して劣化することがあります。市販されているミネラルウォーターでも極端な環境の変化には弱いため、普段は光と熱の影響が少ない所に保管しておきます。冷蔵庫は冷えすぎるので、戸棚などで直射日光を避けて常温で保管するのが最良の方法です。
ミネラルウォーターの多くは国内で採取されたものですが、一部の製品は外国で採取された水を使用しています。水の硬度によっては自分の体質に合わない場合もあるので、事前に飲用して確認しておくことが大切です。
一日に必要な水の量は成人の場合では約2リットルとされていますが、自然災害などで避難生活を営む場合は乾パンやクッキーなどの水分が少ない保存食を食べることになるのでより多くの水分を摂取する必要があります。飲用以外にも傷口の消毒などで清潔な水を使用するため、保存水はできるだけ多く用意しておくことが大切です。特に病人や高齢者は成人よりも多くの水分を摂取する必要があるため、自身の家族に適した量の水を保管しておくことが求められます。
また、水を保管する際には小さな容器に複数に分けておくことで持ち運びや分配が容易になります。水は量が多いと重くなるため、リュックや鞄などで持ち運べる程度に小分けしておきます。
水分の不足はそのまま生死に関わる事態に繋がるので、日頃から水の確保について考慮する姿勢が重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です